徒然なる趣味に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宇宙戦艦ヤマト復活篇

12月12日……、ついに公開されました!
で、ちょっと遅くなりましたが、自分も公開初日に見てきました。
公開前日までどこで見るか悩みましたが、ネットで調べていたら「渋谷HUMAXシネマ」で8:00からの早朝上映を行う&スクリーンが1つしかないので、他の上映作品のお客さんと一緒に長々と並んでチケット交換をしなくってOKという事で「渋谷HUMAXシネマ」に決めました。渋谷と言えば「ヤマト70mm版」を見に行ったり、「オーディーン」のイベントに参加したりした場所でもあり、自分にとってヤマトの印象が強い場所の1つです(どちらも今はなくなってしまった「渋谷パンテオン」でした)。
今回、見に行きました「渋谷HUMAXシネマ」は「ヤマト検定」というクイズや「キャラクター投票」、70年~80年代にかけての渋谷(旧作ヤマトを公開していた頃)と現在の渋谷を比べた写真展等、独自のイベント等も行っていました。「ヤマト検定」は一部を除いて、そんなに難しいものではありませんでしたけど、3問程「ヤマト復活篇」を隅から隅まで見ていないとわからない問題がありました。それ以外にもガチャガチャ(1回200円)で「ヤマト復活篇」の木札(全4種類)や、平成札屋(全て「ヤマト復活篇」のデザインで、選べる画像の種類はかなり多かったです)というシール作成機(1回300円)が置いてありました。

で、感想ですが、今回はネタバレ満載ですので下の方に書かせていただきます。ネタバレを読みたくない方はここから下を見ない事をオススメします。

分かり易く言えば、「完結編」と「復活篇 第2部」を結ぶ為の橋渡し的な映画だったと思います。旧作ヤマトで言えば、「2」と「永遠に」の橋渡しになった「新たなる旅立ち」のポジションです。
「雪の生存」「SUSの真の本拠地」等で不明のまま終わってしまいましたが、物語を中途半端にせずに取りあえず1つの危機を救った事で話を終わらせている点は評価すべきです。

結局、ラストは地球が生き残るエンディングになっていました。
自分としては地球がブラックホールに飲み込まれるエンディングの方が良かったと思います。一番の理由はラストに使われた第1作目の「無限に広がる大宇宙~宇宙の息吹は永遠に終わることはない」というナレーションの重みが全然違う事。試写会で見たブラックホールに飲み込まれるエンディングだとズシッと重く圧し掛かってきたのに対して、地球が生き残るエンディングだと単にファンサービスにしか聴こえなかったです。地球が生き残るエンディングなら、このナレーションをカットしても良かったと思います。

「宇宙戦艦ヤマト復活篇 第1部 完」これも要らなかったと思います。「完結編」のタイトルが出る直前や「ヤマト2520」第3巻のラストみたいに、ナレーションで「~の事を知る者は地球にはまだいない」という終わり方の方が良かったと思います。

アマールのイリヤ女王の話では、幾世代にも続いた銀河系中央部の戦乱を収めたのがSUSだったそうなのだが、これだとガルマンガミラスやボラー連邦が存在しなかった事になってしまう。これは「幾世代」ではなく「幾年」であれば問題がなかったと思う。2203年の銀河の衝突によってガルマンガミラスやボラー連邦が崩壊してしまった事により、領土争いが勃発、これをSUSが強大な軍事力によって平定させた…、とした方が辻褄が合ったと思います。

説明不足な部分が多いのも残念でした。
今回は特に新キャラが多かったのに、「中西良平」「木下三郎」「郷田実」や、アマール以外の大ウルップ星間国家連合の星についての情報が少なかったのが残念でした。あと「上条了」と「小林淳」が第1作目の古代と島みたいな感じが一部であったけど、これもその部分だけで終わっていたのが残念でした。

・地球とアマールとの関係が不明
地球の危機に対してヤマト1作目みたいにアマールから地球に手を差し伸べたのか?それとも「ヤマトIII」のように探査船によって地球からアマールに接触したのか?この点がはっきりしないと、「なぜアマールは地球に大ウルップ星間国家連合の事を伝えていなかったのか?」という部分の理由が変わってくると思います。

・なぜアマールは地球に大ウルップ星間国家連合の事を伝えていなかったのか?
上でも書きましたが地球とアマールとの関係がわからないと何とも言えない部分です。考えられる事の1つがイリヤ女王は大ウルップ星間国家連合の事を伝えようとしたが、パスカル将軍に反対されて伝えられなかったのでは?それ以外にも、大ウルップ星間国家連合の秘守事項があったとか、色々と想像できると思います。

・古代の乗る貨物船「ゆき」がなぜ武装しているのか?
「ハイパーウェポン2009 宇宙戦艦と宇宙空母」P26で「監督の『外洋船で、海賊対策をしていない船はあり得ない』というこだわりから。」と書かれています。あと「さらば」「2」の時に太陽系内でも貨物船に護衛艦がついていました。この事から貨物船には常に護衛艦を付けているのだが、外宇宙の貨物船にまで護衛艦を付けられない為、武装させていると考える事もできるのではないでしょうか?貨物船を武装させるのは危険ではないか?という部分もありますが、貨物船を所有しているのが「地球防衛軍」であり、貨物船の乗務員も「地球防衛軍」に所属する人達と考える事ができると思います。「さらば」で古代「どうだ、輸送艦隊勤務は?」島「宇宙の運び屋だからな、退屈で仕方ないよ」というセリフがあるので、地球防衛軍内に輸送艦隊があるのは間違いないでしょう。

・コスモパルサーで小林淳だけが、旧作と同じ制服を着ているのはなぜか?
予告編等では小林しか映っていなかったので、コスモパルサー隊全員が旧作と同じ制服を着ていると勘違いしていました^^;;。この点に関してはパンフレットに古代が小林に服を託すシーンがあったが、カットされてしまったと書いてあります。

・古代が敵の太陽が弱点である事を見抜いたのはなぜか?
この点に関してはまだ理由がよくわかりません^^;;。第1作目でバラン星の人工太陽を見抜いたので、今回も敵に関して何か不自然な部分があったのかもしれません。

・結局、折原真帆はラストで死んだのか?
状況だけ見れば死んでいるようにしか見えないのですが、妙な演出が入っているので死んでいない可能性があります。第3艦橋が大破していて(裂け目から宇宙が見える)生き残れる理由は?となると、よくわかりません^^;。どこかの掲示板(どこだったか忘れてしまいましたorz)に被弾の衝撃等で乗組員が落ちる危険があるため、電算室の制御デッキの周囲にシールドが張られている、という事が書いてありました。これはなかなかいいアイディアだと思ったのですが、設定資料にはそうした設定は書かれていませんでした^^;;。

結構厳しい事を書きましたが、自分は今回の作品はかなり気に入っています。
特に前半は地球艦隊を引き連れての移民船団の護衛!今までは地球艦隊がほぼ全滅してから単艦で大艦隊と戦うパターンを打破した事は賞賛すべきだと思います。また、新しい要素を入れながらもあくまでもヤマトの戦いは専守防衛という点を旧作と変わらずに引き継いでいるのも賞賛すべきだと思います。
ヤマトの所有する武器もほぼ全て使っています。煙突ミサイルの出番があっただけでも満足ですw。
ただ、1箇所だけ確認しきれていない部分がありました。それは、ヤマトが攻撃を受けている移民船の横に張り付いて応戦している時に艦後方にミサイルを撃ったシーンです。これが8連装ミサイルだったのか、それとも艦尾ミサイルだったのかがよく判りませんでした。もし艦尾ミサイルだったら、第1作目から設定が存在しながら、今回初めて使われた事になるのですが…。試写会のときは艦尾ミサイルに見えたのですが、今回見たら8連装ミサイルに見えました。


まだ書きたい事が色々とありますが、キリがないのでこの辺で止めときます。
さてっと、あと5回は見に行くぞ~~!!
スポンサーサイト

テーマ:宇宙戦艦ヤマト - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/12/14(月) 14:01:55|
  2. 宇宙戦艦ヤマト
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<賀正新年 2010 | ホーム | STAR BLAZERS.com>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blackzero717.blog113.fc2.com/tb.php/179-89819a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇宙戦艦ヤマト 画像

湘南チャンネルブログ - シネマスコープ 12月12日~25日 出演:大泉洋/堀北真希/水樹奈々/相武紗季監督:橋本昌和 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 絶賛上映中! 移動性ブラックホールの接近で、 地球は消滅の危機に立たされていた。 人類は復活したヤマトに護衛され...
  1. 2009/12/14(月) 19:19:02 |
  2. 今すぐみたい知りたいニュース

プロフィール

ブラックゼロ

Author:ブラックゼロ
FC2ブログへようこそ!
Amazon.co.jpアソシエイト

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

最新の記事

ミク-Clock!

ファンタシースターオンライン2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

RSSフィード

商品検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。