徒然なる趣味に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

STAR BLAZERS.com

アメリカでは「宇宙戦艦ヤマト」が「STAR BLAZERS」として放送されていた事を知っている人も多いと思います。
この「STAR BLAZERS」のオフィシャルサイトが「STAR BLAZERS(http://www.starblazers.com/)」になります。

で、なんと、自分がこのブログに書いた「宇宙戦艦ヤマト 完全復活展」が英語に翻訳されて「STAR BLAZERS」のオフィシャルサイトに掲載されました(http://www.starblazers.com/html.php?page_id=397)。

まさか、こんなスゴイ所から翻訳して掲載したいという話が来るとはまったく思っていませんでしたので、かなり驚きました。



スポンサーサイト

テーマ:宇宙戦艦ヤマト - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/12/09(水) 13:52:26|
  2. 宇宙戦艦ヤマト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<宇宙戦艦ヤマト復活篇 | ホーム | 交響曲ヤマト2009>>

コメント

Re: このサイト凄い

> 初めまして!交響曲ヤマトの検索でこのサイトを発見しました。
サトルさん、初めまして。
「交響曲宇宙戦艦ヤマト」を検索されて来られたとの事で、過不足ない情報が提供できていましたらブログ主としてはうれしい限りです。

> starblazers.comのサイトは音楽集のことを調べていたときに見つけました(完結編シンセサイザー版の内容について)
> このサイトは資料としても充実しています。日本のヤマトファンがこれほどのものを作れなかったのは何故なんでしょうか。
まず「starblazers.com」ですが、本文中にも書きましたように、ここは個人のファンサイトではなくオフィシャルサイト(公式ホームページ)になります。公式ホームページが個人のファンサイト以下の情報しか提示できなければ、それはそれで問題だと思います^^;。日本では残念ながら宇宙戦艦ヤマトの公式ホームページというものが存在しない(「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」の公式ホームページはありますが…)ので、どうしても情報がファン個人の情報や所有物に偏ってしまいますね。「ヤマトクルー」にも期待したい所ですが、「オフィシャル・コミュニティ」となっていますので、そこまでは無理かもしれません。

> 最近はネット動画でヤマト2英語版などを見ています。
自分もYouTube等で「StarBlazers」を見た事があります。改変されている所をチェックするのが結構面白かったりします。

ではでは、何かありましたらまたよよしくお願いいたしますm(_ _)m。
  1. 2010/02/19(金) 16:10:23 |
  2. URL |
  3. ブラックゼロ #-
  4. [ 編集]

このサイト凄い

初めまして!交響曲ヤマトの検索でこのサイトを発見しました。
starblazers.comのサイトは音楽集のことを調べていたときに見つけました(完結編シンセサイザー版の内容について)
このサイトは資料としても充実しています。日本のヤマトファンがこれほどのものを作れなかったのは何故なんでしょうか。
最近はネット動画でヤマト2英語版などを見ています。
  1. 2010/02/18(木) 13:46:54 |
  2. URL |
  3. サトル #41lzwGEY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blackzero717.blog113.fc2.com/tb.php/178-5f6ea0c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブラックゼロ

Author:ブラックゼロ
FC2ブログへようこそ!
Amazon.co.jpアソシエイト

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

最新の記事

ミク-Clock!

ファンタシースターオンライン2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

RSSフィード

商品検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。