徒然なる趣味に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和田加奈子 Passing Through

最近はニコニコ動画しか見ていなかったのですが、久しぶりにYouTubeを検索してみたら凄い映像を見つけてしまいました。

和田加奈子 Passing Through


多分、テレビ神奈川の「ミュージックトマトJAPAN」で放送されたものと思われます。
後半に登場する車は「三菱 ミニカ」と思われます。自分は車には詳しくありませんので間違っているかもしれませんが、「Passing Through」は元々「三菱ミニカ・マスコット・ソング」として使われたので、多分間違いないと思います。
和田加奈子さんにもミュージッククリップが存在していたのを初めて知りました。こうなると、他の曲にもミュージッククリップがあれば是非見たいですね。
唯一残念なのが、YouTubeなので音声がモノラルなのと、一部映像&音声が乱れる事でしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/25(金) 12:38:12|
  2. 和田加奈子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲーム音楽inニコニコ動画(初音ミク)

と、言う訳でタイトル通り「初音ミク」によるゲーム音楽のカバー曲です。


初っ端から「セガガガ」ですw。
そういえば、このゲームはまだシェア100%までプレイしていないです。よって、アノシューティングはまだ未プレイですorz。



次に「デイトナUSA」です。
ミクは英語が苦手なんだけど、コレはあまり違和感を感じないですね。
それにしても懐かしい。一応SS版とDC版を持っているけど、一番プレイしたのがオリジナルのアーケード版だったりしますw。



初代「サクラ大戦」の真宮寺さくらエンディングの時のエピローグムービーに使われた曲です。
初代は一応全員クリアしたけど、SLGが結構面倒(と言うより時間がかかりすぎ)だったのが残念でした。もっとも「簡単すぎてツマラン」と言う人も多いようなので、難易度調整は難しいですね。



SS版でルーナがサイスからメリビアに向かう途中に入るムービーで歌った曲のアレンジ版です。
「LUNAR」はMD版SS版ともに良作でしたね。どちらも3回は最低クリアしていますw。



え~~と、「ファンタシースターII」の通常戦闘で流れる「ライズ オア フォール」をミクで再現した曲です。


「ファンタシースターII」のアノシーンで使われた「パワー」をミクで再現した曲です。
「ライズ オア フォール」と「パワー」をアレンジされた方は同じ方です。
まさかBGMをミクで再現するとは思わなかったですね^^。そうした意味でも凄いインパクトがありました。



PC88版の「シルフィード」のオープニング曲をミクで再現した曲です。ニコニコ動画ではこの後、ニコスクリプトによって1面の曲に続くのですが、外部プレーヤーは対応していないので見れません。
シルフィードは何作か製作されていますが、やはり初めてプレイした事もあったメガCD版が一番ですね。PC版は4年ほど前に「蘇るPC-9801伝説」に収録されていたもので初めてプレイしました。



「ソーサリアン」の「オープニング」をミクで再現した曲です。


「ソーサリアン」の「エンディングI」曲をミクで再現した曲です。


「ソーサリアン」の「エンディングII」曲をミクで再現した曲です。
「ソーサリアン」3連発ですw。上の「ファンタシースターII」の人とは別の方ですが、これもBGMをミクで再現した曲です。
誰か「FAIRY'S HARP」をミクで再現してくないでしょうか?



「ナイトストライカー」の「Burning Road」に無理矢理歌詞をつけてミクに歌わせたものです。普通だったらスルーする所だったのですが、最後のオチに笑わせてもらったので紹介しておきますw。


なんか紹介している作品が偏っていますが、ブログのタイトル通り自分の趣味に合わせているだけですw。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/24(木) 13:32:22|
  2. VOCALOID
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニコニコ動画(初音ミク)inFC02ブログ

4/18からニコニコ動画を外部のSNSやブログに貼り付けられる「ニコニコ外部プレーヤー」に自分が使わせてもらっている、この「FC2ブログ」にも対応する事になりました。

という訳で、自分のお気に入り動画の紹介といきましょう!
もちろんネタは初音ミクですw。


「ねんどろいど 初音ミク」の売上げに貢献したと言われている動画です。それにしても、CGを個人でここまで作製されたのには脱帽です。後半に初音ミクから派生したキャラ「亞北ネル」「弱音ハク」が登場しています。
「亞北ネル」に関してはこのサイトを参照してください。「弱音ハク」に関してはこちらのサイトを参照してください。
ちなみに投稿者欄に「自首しました。」と書いてあるのは「ねんどろいど 初音ミク」の発売元であるグッド・スマイル・カンパニー社から連絡が取りたいと言ってきた事をさしています。




前に紹介した動画ですが、ニコニコ動画のアカウントを持っていない人の為に再紹介します。


以外かもしれませんが、この番組はNHK-BS2で放送された「ザ☆ネットスター!」という番組のオープニングです。この回では「初音ミク」について取り上げています。まさかオープニング・エンディングに「初音ミク」を使ってくるとは思いませんでしたw。
なお、この番組は4月25日(金)24:10~NHK総合にて再放送されるそうですので、まだ見ていない方はチェックされたらいかがでしょうか?


アニメ「俗・さよなら絶望先生」第13話に「初音ミク」が出演していました。
あと、別のシーンでは「メイコ」「カイト」「鏡音リン&レン」もチラっと出ていたそうです。


これも前に紹介していますが、再紹介しておきます。


「地上の星」繋がりでこの曲も一緒に紹介します。

「初音ミク」の体験版で自分も少しだけ歌わせたのですが、難しいですね。うまく歌わせる為の調教も大変なのですが、自分は高校の時以来まともに演奏とかしていなかったので、音楽の基礎知識を一から再勉強させられましたorz。

テーマ:初音ミク - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/20(日) 13:16:35|
  2. VOCALOID
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト

今回は前に少し書いたLDゲーム「宇宙戦艦ヤマト」を忘れないうちに書いておきます^^;;。

このゲームは1985年にタイトーよりゲームセンター向けに発売されたものです。同様のゲームとしては「サンダーストーム」「タイムギャル」「ロードブラスター」「忍者ハヤテ」等があります。これらのゲームはメガCD、サターン、プレステ等に移植されていますので知っている方も多いのではないでしょうか?

前に書きましたが、ニコニコ動画にLDゲーム「宇宙戦艦ヤマト」の映像がアップされていました。今は削除されて見る事ができないのが残念です。アップされていました映像はゲームのプレイ映像ではなく、LDそのものを普通のプレーヤーで直接再生されたものでした。おかげで見たことの無い映像や意外な仕様等もあって驚かされました。
この当時はニコニコ動画から動画をダウンロードする方法を自分は知らなかったので、映像そのものは残っておりません。その代わりに映像をキャプチャーした画像が残っていますので、それらを利用して紹介したいと思います。

  タイトル画面
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
この映像を見た限りでは、LD盤上には2種類のタイトルロゴを使ったデモ映像が収録されていたようです。「STAR BLAZERS」はアメリカで放送された際につけられたタイトルです。一番下の画像は当時のヤマトファンが8mmカメラを使用して制作された攻略ビデオからキャプチャーした画像です。元映像の上に「ウエストケープコーポレーション」と「TAITO COPORATION」の文字が追加されています。
この攻略ビデオを制作した方から聴いた話では、「宇宙戦艦ヤマト」のロゴの時には「ウエストケープコーポレーション」と「WEST CAPE COPORATION」のどちらかが使用されていたとの事。で、「STAR BLAZERS」のロゴの時は「WEST CAPE COPORATION」のみ使用されていたとの事です。合計3種類のデモ映像が存在していたそうです。自分は「宇宙戦艦ヤマト」のロゴと「STAR BLAZERS」のロゴの2種類あったのは気が付いていましたが、製作会社名の違いまでは気が付きませんでした。


  発進シーン
最初の「発進シーン」は「さらば」「永遠に」「完結編」の3種類からランダムで始まります。
なお、ここに掲載しているのは全てミスシーンですw。
まずは「さらば」から
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト

次に「永遠に」からです。
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト

最後に「完結編」です。
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト

「完結編」では2回目の入力にミスするとヤマトが転覆して「さらば」の海中発進で再プレイになります。

発進シーンが終わると全5ステージの中から「冥王星空域」「宇宙空洞」「アクエリアス」「要塞ウルク」の4ステージから自由に選んでプレイできます。
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト

・冥王星空域
「完結編」の冥王星海戦前半をイメージしたステージです。
敵は「ディンギルの小型戦闘機及び大型戦闘機」>「空母」>「ハイパー放射ミサイル」の流れになります。
・宇宙空洞
「完結編」の冥王星海戦後半のコスモゼロが敵を追尾するシーンを元にしたステージです。
「流れ弾(?)&小型戦闘機」>「巡洋艦」
  
 なお、この「冥王星空域」と「宇宙空洞」にはキャプチャした画像はありません^^;;。

・アクエリアス
「完結編」の「アクエリアス上空戦」>「冥王星海戦後半の主砲発射シーン」
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト

このステージでは「完結編」本編では使用されなかった「煙突ミサイル」がランダムで登場します。「完結編」の作画による「煙突ミサイル」はかなり新鮮に見えました^^。
・要塞ウルク
流れは「完結編」本編とほぼ同じで、「ウルクへ強行着陸」>「コスモタイガー」>「司令部撃破」>「神殿部」
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト

コスモタイガーのシーンは迫力があって好きでした。
「神殿部」の戦いは「タイムギャル」や「忍者ハヤテ」タイプになります。
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト

全てのシーンに上記のようなミスシーンが制作されています。

これら4ステージをクリアすると最終ステージになります。
「岩石ロケット+大型の水塊」>「プレノア」
このステージの最終目的は「プレノア」に波動砲を打ち込み、その爆発を利用してアクエリアスからの水柱を断ち切る事になります。
これを無事にクリアしますとヤマトは地球に帰還します。この時は「永遠に」の映像を使っていました。

  未使用映像(?)
詳細な事はわかりませんが、次の4カットはゲーム中には未使用のものらしいです。
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト
LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト

ただ、アップされていた動画には「真赤なスカーフ」のアレンジ版である「悲しみのスカーフ」(「オリジナルBGMコレクション宇宙戦艦ヤマトPART1」より。他のアルバムでは別名かもしれません)が使われており、BGMが途切れないままステージ「宇宙空洞」のコスモゼロ発進に繋がっていました。

ゲーム機の筐体としてはコックピットタイプ(「アフターバーナー」等のタイプ。ただし、可動はしませんw)、大型スクリーンタイプ(今でいう「メガロ50」等の大型スクリーンを使用したタイプ)があったのは確認しています。ただし、もしかしたらアップライト筐体(ゲームを立ってプレイするタイプの筐体。「ガントレット」等が有名かも)のもあったかもしれません。
アップライト筐体に関しては「忍者ハヤテ」のみ自分は確認しています。というか、プレイした事がありますw。

LDゲーム宇宙戦艦ヤマトはゲーム誌で取り上げられた事がほとんどないみたいです。自分も「ゲーメスト増刊号 ザ・ベストゲーム」の中の「ビデオゲーム 20年史」という項目において、「PCM音源初搭載」といった事が書かれていたのを覚えているくらいです。
それ以外ですと、宇宙戦艦ヤマトの製作会社が運営していました宇宙戦艦ヤマトファンクラブ本部の機関誌Vol.47にインタビューが掲載されているくらいでしょうか。

インタビューの内容を抜粋しますと、
 ・企画から完成まで3年かかった。
 ・最初の企画では第1作目をゲーム化する予定だった。映像を全てリメイクする事も考えていた。
 ・ゲーム性と映像&音楽による演出という相反する部分をまとめるのが難しかった。
 ・音(音楽、セリフ)に関しては西崎プロデューサーのOKがなかなかでなかった(このインタビューでは話されていませんでしたが、おそらく効果音もかなり苦労されたと思います。主砲の音とか、よく再現されていましたので)。


ちなみに自分は結局クリアできませんでしたorz。
「冥王星空域」「アクエリアス」「要塞ウルク」はクリアできたのですが、「宇宙空洞」はどうしてもクリアできませんでした。今思うと、背景の映像に翻弄されすぎたかもしれません^^;;。
メガCDで「サンダーストーム」「タイムギャル」「ロードブラスター」が移植された時は、LDゲーム「宇宙戦艦ヤマト」も移植されるだろうと思っていたのですが……。
今からでも、移植してくれないかなぁ…………

テーマ:宇宙戦艦ヤマト - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/04/10(木) 10:04:58|
  2. 宇宙戦艦ヤマト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ねんどろいど 初音ミク+おまけ

前にこちらで初音ミクについて書きましたが、相変わらず「みくみくされちゃって」いますw。
そんな訳で、当然の事ながら、今話題の「ねんどろいど 初音ミク」を自分も予約して購入しました。実は、食玩やガチャガチャ意外でフィギュアを買ったのは今回が初めてだったりします^^;;。と、言う事で簡単に紹介します。なお、写真は見やすいように画像補正を行っていますので、発色が実物と若干(?)異なっております。

まずはデフォルト正面
ねんどろいど 初音ミク001

デフォルメされていますが、初音ミクの特徴をよく捉えていると思います。

顔パーツを替えて、歌っているバージョンです。
ねんどろいど 初音ミク002

ちょっと斜めにしてポーズをつけてみました。

またまた顔を替えてみました。今度のは「はちゅねミク」バージョンです。
ねんどろいど 初音ミク003

まさかコノ顔まで付いてくるとは思いませんでした。おまけにネギ付きですw。

あとは左右別に撮影したものです。
ねんどろいど 初音ミク004
ねんどろいど 初音ミク005

影になってほとんど見えませんが、右耳にマイク付きのヘッドセットも再現されています。



現在「ねんどろいど 初音ミク」は初期出荷分はほとんど完売みたいですが、オークションではそれ程高値になっていないみたいですね(Amazonはスゴイ事になっていますが…^^;)。まあ、Wikipediaの情報によれば、「2007年12月の段階で50000個を越す予約が入っており」との事なので、プレミアを付けられないでいるようです。もっとも、今月末には2次出荷も予定されているので、オークション等に頼らなくても入手できるかと思います。

発売日はまだ未定ですが、「鏡音リン」「鏡音レン」の「ねんどろいど」シリーズも発売されるそうです。


          おまけ

下の動画はSF作家である野尻抱介さんが「SFマガジン 2008年4月号&5月号」に連載した「南極点のピアピア動画」の中で主人公が制作した歌(本編中は当然歌詞のみ)に曲をつけてアップされたものです。この動画は出来の良さだけでなく、作曲&動画の製作は「著作権ビビリP」ことLK074さん、画像は小説の挿絵を担当した撫荒武吉さんの原画を使用し、ニコニコ動画へのアップは原作者である野尻抱介さんご自身という所が凄いとしかいいようがないです。
>


なお、野尻抱介さんはニコニコ動画では「尻P」として活躍されていますw。
興味のある人は下の野尻抱介さんのマイリストをご参照ください。



※SFマガジン2008年5月号はまだ書店で買えると思いますが、2008年4月号はさすがに書店では取り寄せになると思います。

テーマ:ねんどろいど - ジャンル:サブカル

  1. 2008/04/06(日) 13:11:12|
  2. VOCALOID
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ブラックゼロ

Author:ブラックゼロ
FC2ブログへようこそ!
Amazon.co.jpアソシエイト

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

最新の記事

ミク-Clock!

ファンタシースターオンライン2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

RSSフィード

商品検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。